【総合旅行業務取扱管理者 国内旅行実務】JRに関する問題④

未分類

こんにちは。めぐる(@meguru_ta_bi)です。

今回も引き続き、総合旅行業取扱管理者の試験を受けるにあたって、国内旅行実務の中でも重点的に勉強しておきたい、JRに関する問題について過去問を基にポイントをお伝えしていきます。

前回の記事はこちらからお願い致します。

【総合旅行業務取扱管理者 国内旅行実務】JRに関する問題③
こんにちは。めぐる(@meguru_ta_bi)です。今回も引き続き、総合旅行業取扱管理者の試験を受けるにあたって、国内旅行実務の中でも重点的に勉強しておきたい、JRに関する問題について過去問を基にポイントをお伝えしていきます。...
めぐる
めぐる

今回でJRの問題は一通り終わりよ。頑張って!

よく出題される問題(JRに関する問題④)

国内旅行実務 令和元年度出題

正解はbです。

解説

乗車券を所持する6歳以上の旅客に随伴される幼児は2名まで無賃扱いであり、小児運賃、特急料金共に不要です。

また、グリーン個室は、実際に乗車する人員分の運賃、特急料金と1室分のグリーン料金が必要であるので、運賃と同様、特急料金についても大人4人分ではなく、大人3人分と小児一人分の料金が必要となります。

たびこ
たびこ

子供料金について、よく勉強しておかなきゃいけませんね!

よく出題される問題(JRに関する問題④-2)

国内旅行実務 令和元年度出題

正解はaです。

解説

普通回数乗車券は全券片未使用の場合に限らず、一部券片使用後の残った未使用の券片は、有効期間内に限って払い戻すことができる。この場合の払戻額は、発売額からすでに使った枚数分の普通運賃と手数料220円を差し引いた残額となる。よってaは誤り。

他は、設問の通りです。

めぐる
めぐる

上の子供料金の問題や、今回の払戻しの問題はルールを覚えておけば解けるから、確実に点に繋げましょう。

よく出題される問題(JRに関する問題④-3)

国内旅行実務 令和元年度出題

正解はbです。

解説

a…辰野駅を7時47分発の快速「みすず号」に乗車し、岡谷駅で8時6分発の普通列車に乗り継ぐと、上諏訪駅で8時21分発の特急「あずさ6号」に乗り継ぐことができる。この場合、東京駅到着時刻は10時45分となり、最も早く到着する。

b…松本駅を8時発の特急「あずさ6号」に乗車した場合、甲府駅で9時24分発の特急「かいじ6号」に乗り継ぐと、大月駅に9時56分に到着する。よって正解。

c…特急「かいじ6号」には、普通車は全車両が指定席である旨のマークが付されているので、自由席はない。

d…特急「あずさ8号」の辰野駅部分には、他線区経由である旨の表示があるので、辰野駅は経由しない。

たびこ
たびこ

時刻表見るの難しいですね…

めぐる
めぐる

そうね、最近はネット検索すると乗り換えもすぐにわかるから、時刻表に触れる機会が減ったわね。でも、見ると謎解きみたいで楽しいわよ。

たびこ
たびこ

そうですね!まずは時刻表に慣れることですね!

まとめ

今回で、JRについての問題は一通り終わりです。ですが、問題を解くごとに、特例やルールが出てきますので、できるだけ多くの過去問に触れ、問題に慣れていきましょう。

コメント